ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

米アイダホ州から視察団 茨城県庁表敬、相互交流に前向き

4/14(土) 7:55配信

産経新聞

 米国アイダホ州から県内を訪れている視察団が13日、県庁に小野寺俊副知事を表敬訪問し、友好を深めた。

 訪れたのはケリー・アントン上院議員、東アイダホ州地域経済開発のジャン・ロジャーズCEO、アイダホ大学のマーク・スキナー事務局長の3人。同州は農業が盛んな上、科学技術産業も発展しており、茨城と産業構造が似ているという。

 ケリー上院議員は「視察をきっかけに相互に交流が持てると考えている」と述べ、小野寺副知事は「茨城にはおいしい食べ物やいい所がいっぱいある。今度は桜のきれいな時期に来て」と応じていた。

 視察団の県内滞在は3日間で、農家などのほか、東海村の大強度陽子加速器施設「J-PARC」やつくば市の宇宙航空研究開発機構(JAXA)などを見学する。

最終更新:4/14(土) 7:55
産経新聞