ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

奥行きが短くなった80PLUS GOLD電源「RM750x」がCorsairから、保証は10年間

4/14(土) 22:05配信

Impress Watch

 Corsairから80PLUS GOLD認証を受けたATX電源の新モデルが登場、「RM750x(CP-9020179-JP)」が発売された。店頭価格は税込18,900円。

【この記事に関する別の画像を見る】

 販売ショップはツクモeX.パソコン館、ツクモパソコン本店、パソコンショップ アーク、ドスパラ秋葉原本店。

■奥行きが短くなったフルモジュラー式の電源、保証は10年間

 これは80PLUS GOLD認証を取得した定格出力750WのATX電源。2015年12月に発売された「RM750x(CP-9020092-JP)」の新バージョンで、主な変更点は冷却ファンが135mmのライフルベアリングファンから140mm流体軸受けファンに変更されたことや、ATX12V 8(4+4)ピン電源ケーブルが2本に増えたこと、奥行きが180mmから160mmへと小型化したことなど。

 製品名に変更はないため、型番のCP-9020179-JP(新)かCP-9020092-JP(旧)で見分ける必要がある。なお、国内代理店の一つであるアスクでは、新バージョンに「RM750x 2018」という製品名を付けている。

 全てのコンデンサに日本メーカー製105℃コンデンサを採用しており、電源ケーブルはすべて取り外しが可能なフルモジュラー式となっている。冷却ファンは負荷率40%以下になるとファンが停止し騒音を低減させるZero RPM Fan Mode機能をサポートする。

 本体サイズは160×150×86mmで、重量は約1.65kg。保証期間は10年間。

[撮影協力:ツクモパソコン本店]

AKIBA PC Hotline!,AKIBA PC Hotline!編集部

最終更新:4/14(土) 22:05
Impress Watch