ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

<中間速報>土田沙弥香が単独首位浮上 アン・シネはカットライン上

4/14(土) 12:41配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<KKT杯バンテリンレディス 2日目◇14日◇熊本空港カントリークラブ(6,428ヤード・パー72)>

【LIVE写真】熊本決戦の模様を現地から生配信!

国内女子ツアー第7戦「KKT杯バンテリンレディス」の2日目は前半の競技が終了し、初日にホールインワンを達成した23歳・土田沙弥香が前半を4バーディ・ノーボギーでラウンド。トータル5アンダー・単独首位に浮上している。

2打差2位タイには武尾咲希、藤田さいき、3打差4位タイに今季2勝目を狙うフェービー・ヤオ(台湾)、福田真未、権藤可恋が続いている。

地元・熊本での優勝がかかる上田桃子は14ホールを消化して、トータル5オーバー・54位タイとカットラインに1打届いていない。今季国内初戦のアン・シネ(韓国)は12ホールを終えて、トータル4オーバー・45位タイとカットライン上でプレーしている。

今季初のトップ10入りを狙うイ・ボミ(韓国)は3バーディ・1ボギーとスコアを2つ伸ばし、トータル1オーバー・19位タイでフィニッシュ。ルーキーの三浦桃香14ホールを消化して、トータル1アンダー・7位タイに浮上している。