ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

連ドラ主演に大抜擢 蒼井そらは“経験値”武器に撮影指導も

4/14(土) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 14日放送スタートの「逃亡花」(土曜24時~、BSジャパン)に主演する、蒼井そら(34)。制作プロデューサーは“ひたむきさ”と、それを苦と思わせない“天真爛漫さ”に惚れ込み、主演に抜擢したという。身長155センチ、Gカップ、セクシー女優として人気で、中国版ツイッター・ウェイボーのフォロワーは1800万人、「中国で一番有名な日本人」とも。そんな彼女の新たな挑戦に直撃した。

 本作は同名漫画が原作で、夫を殺され、罪を着せられた妻が逃亡し、真犯人を捜すサスペンスだ。

「撮影現場ではもとが笑顔なのでシリアスな表情をつくることに注力しています。私、雨女で、雪が降った時のロケはキツかったです。ドラマはカメラ位置を変えて何回も同じシーンを撮影するので集中力をキープするのが大変ですが、この時ばかりは違う意味でつらい表情になっていたかも……」

 蒼井の体当たりの“濡れ場”も見どころのひとつ。

「ラブホテルのシーンでは私から『見えなさすぎじゃないですか?』『もうちょっと出しません?』『リアルはこうなんですけど』なんて提案して、現場は常に爆笑です。女性はこっちから撮った方がキレイ、とか監督に代わって指導したり、AVの経験値も生かされてます(笑い)」

 中国で圧倒的な知名度の蒼井は、中国語、英語と語学も堪能。今年の1月に蒼井が結婚するとSNSで拡散し、中国全土の男性が失恋したとも。

「だんだん中国からのフォローワーが増えて、自分の言葉で伝えられたらと思い7年前に勉強を始めました。義務感でなく、そこにファンがいたからですね。発音はいまだに難しいですが、おかげで自分の言葉で結婚報告もできてよかったです。結婚願望、子供が欲しいこと、アダルトビデオに出ていたことも旦那さんは認めてくれたことなど全て書いたら(中国の)女性たちが共感してくださいました」

 私生活では新婚ホヤホヤだ。

「寿司屋のカウンターで日本酒を飲みながら2人でじゃれ合えるのがいいですね。旦那さんは、先に原作漫画を読んでいてドラマを楽しみにしてくれています。主人公のひたむきさ、一本筋の通った“闘う女性”で、私と重なる部分があるとキャスティングしてくださいました。期待を上回る表現ができたらと思います」

▽あおい・そら
1983年、東京都生まれ。2002年にグラビア&AVデビュー。03年に「特命係長 只野仁」(テレビ朝日)、05年「嬢王」(テレビ東京)などに出演。08年から10年まで、セクシーアイドルユニット・恵比寿マスカッツのリーダーを務める。11年に中国でCDデビューした。