ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

右手甲に死球の巨人・岡本が軽傷アピール

4/14(土) 13:15配信

東スポWeb

<巨人10-2広島(13日)>開幕から「5番・一塁」で出場を続ける巨人・岡本が死球で一瞬、ヒヤリとした。5回に広島・野村の138キロシュートが右手甲に直撃。治療後、一塁に向かったが守備から交代した。陽岱鋼が死球による骨折で長期離脱中とあって嫌なムードが立ち込めたが、岡本は病院には行かず右手のアイシングのみで帰宅。帰り際には「ボクは行けると言ったんですけど」と笑顔を見せた。初回の10試合ぶりとなる3号2ランに「流れに乗って打たせてもらった」と振り返った若武者は「(14日の出場は)大丈夫です」と軽傷をアピールしていた。

最終更新:4/14(土) 13:15
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報