ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ももクロ・百田夏菜子、画伯ぶり露呈にガックリ

4/14(土) 12:59配信

シネマトゥデイ

 ももいろクローバーZの百田夏菜子が14日、都内で行われた『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』公開記念舞台あいさつに登壇、“画伯”ぶりを露呈した。この日は、同グループメンバーの玉井詩織、佐々木彩夏、高城れにのほか、関根勤、矢島晶子、ならはしみき、森川智之、高橋渉監督、着ぐるみの野原しんのすけ、みさえ、ひろし、ひまわりも来場した。

他のメンバーが描いたイラスト【写真】

 本作は人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版第26作。春日部の中華街アイヤータウンで起きた、食べると凶暴化するというブラックパンダラーメンによるラーメンパニックを解決しようと、しんのすけたちカスカベ防衛隊が伝説のカンフー“ぷにぷに拳”を駆使して大活躍するさまを描く。

 ももクロは、本作の主題歌「笑一笑 ~シャオイーシャオ!~」を歌うほか、ラーメンパニックの一助を担う“くろぐろクローバーZ”として声の出演も果たしている。玉井は「物心ついた時から『クレヨンしんちゃん』は身近にいて、その主題歌を担当させていただくだけでもうれしかったんですが、こうやって野原家の皆さんとステージに立ててすごくうれしいです」と感激しきり。高城は、ハイクオリティーなしんちゃんのものまねを披露して会場を盛り上げた。

 その後、劇中のブラックパンダラーメン同様、病みつきになっているものを紹介することになると、佐々木は韓国のりにはまっている様子を可愛く、玉井は練習中のバク転の過程をわかりやすいイラストで表現した。

 一方の百田は耳らしきものと黒い物体を描いており、「今日はわかりやすい絵にしたんです」と狙ってシンプルに描いたことを強調し、しんちゃんたちが「ゴマ?」と首をかしげても、「イヤリングです!」と堂々と回答。しかし、「耳ね!」「普通は(顔)全体を描いたりするよね」などと登壇者から口々にツッコまれると一転、「この絵が世の中に出ると思うと……」とがっくりと肩を落とした。とはいえ、メンバーいわく、この絵は「上手い方」だそうで、しんちゃんも「高橋監督の絵もこんな感じだから。同レベル」と“しんちゃん節”をきかせて百田をなぐさめていた。(取材:錦怜那)

『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』は全国公開中

最終更新:4/14(土) 13:08
シネマトゥデイ