ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

新たに3人、はしか感染 県内患者は計46人

4/14(土) 11:44配信

琉球新報

 県地域保健課は14日、新たに男女3人への麻疹(はしか)の感染が確認されたと発表した。

 県内では4年ぶりとなるはしかの感染が3月下旬に確認されて以降、患者は計46人となった。

 新たに感染が確認されたのは那覇市に住む20代女性と豊見城市に住む40代女性、名護市の5歳男児。

 このうち豊見城市の40代女性は過去に1回、予防接種を受けていたが、那覇市新都心地区の職場内で、同僚から感染した可能性がある。

 最初の感染が台湾人男性に確認されて以降、13日までにはしかの可能性がある146人分の検査を実施し、46人がはしかと確認された。

 13日は13人分の検査を実施し、46人がはしかと確認された。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:4/14(土) 11:44
琉球新報