ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「ゴルフ人生一番の不調」堀琴音に何が起きているのか?

4/14(土) 19:47配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内女子◇KKT杯バンテリンレディスオープン 2日目(14日)◇熊本空港CC(熊本県)◇6428yd(パー72)

【画像】スマイル。キム・ハヌル

出場した105選手のうち、104位。通算17オーバーで予選落ちした堀琴音は「ゴルフ人生で一番の不調になっている」と吐露した。

3月の国内ツアー開幕戦前週、米ツアー「ホンダ LPGAタイランド」に出場。しかし、左手首に痛みを訴え、途中棄権した。昨季の賞金ランキング21位の資格で、日本ツアーのシードを有するが、開幕戦から2試合は欠場。その後、今週まで5試合続けて出場したが、53位で終えた前週の「スタジオアリス女子オープン」を除き、予選落ちと途中棄権に甘んじている。

堀はケガの状況について「それで練習や調整はできなかったけど、もう大丈夫」と説明する。

ただ、今大会も初日に「81」と大きく出遅れ。雨風の強まったこの日は1バーディ、5ボギー2ダブルボギー「80」に終わった。不調の最大の原因は「1Wショットが右に出ること」と強調する。その言葉通り、2日間でフェアウェイキープ率は28%と低調だった。

ツアー未勝利だが、2016年には7000万円以上を稼いで賞金ランキング11位に入った。冷たい雨に打たれた22歳は「しっかり練習を続ける。この壁を絶対に超えられるように」と、再起を誓った。(熊本県菊陽町/林洋平)

林洋平