ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

乃木坂46、Twitter企画「シンクロ坂」があんな人からこんな人まで巻き込む社会現象に

4/14(土) 15:37配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

乃木坂46のニューシングル「シンクロニシティ」の発売を記念した企画「シンクロ坂」が4月8日にスタート。

【詳細】他の写真はこちら

乃木坂46のTwitterアカウントで実施中のこの企画が、乃木坂46のメンバーのみならず、乃木坂46のファン、さらには俳優やお笑い芸人、ミュージシャンなどの著名人までをも巻き込む社会現象になりつつある。

この企画はCD発売日の4月25日まで、「今日のシンクロメンバー」として乃木坂46のメンバーが日替わりで、様々なポーズをとった写真を“お題”としてTwitterに公開。そのお題にほかのメンバーが同じポーズで反応することで、どんどん“シンクロ”していくというもの。

企画初日の8日に「シンクロニシティ」でセンターを務める白石麻衣が、乃木坂46のアルファベット頭文字“N”を真似たポーズをお題として公開すると、それぞれ異なる現場で仕事中の乃木坂46メンバーが次々と“シンクロ”した写真を公開。

同日夜に生放送された『らじらー!サンデー』(NHKラジオ第1)のスタジオからも、井上小百合と生駒里奈がオリエンタルラジオのふたりとともに“シンクロ”した写真がアップされるなど、初日から大きな盛り上がりを見せた。

以降も西野七瀬や松村沙友理、与田祐希らがお題を発表しており、これに反応したほかのメンバーが次々と“シンクロ”している。

また、オリエンタルラジオのみならず、メンバーと同じ現場にいる著名人も次々とこの企画に参加。白石と今月からスタートするテレビドラマ『やれたかも委員会』(MBS・TBS系)で共演中の俳優・佐藤二朗をはじめ、フジテレビアナウンサーの笠井信輔、将棋士の山崎隆之、MAN WITH A MISSIONの面々、さらには『乃木坂工事中』(テレビ東京系)でおなじみのバナナマンまで巻き込む“シンクロ”ぶりに発展している。

この流れにファンも興奮を隠せない様子で、「カワイイ!」などメンバーに対する声から、「えっ、こんな人まで巻き込んじゃっていいの!?」という驚きの声まで続出。さらに「#シンクロ坂」を使って、自身もメンバーと“シンクロ”するファンも増えている。

この“シンクロ”がどこまで広がっていくのか、ぜひリリース日の4月25日まで注目していこう。

リリース情報
2018.04.25 ON SALE
SINGLE「シンクロニシティ」

乃木坂46 Twitter
https://twitter.com/nogizaka46?lang=ja

乃木坂46 OFFICIAL WEBSITE
http://www.nogizaka46.com/