ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ホルスタイン206頭 御殿場で全国品評会

4/14(土) 8:03配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 ホルスタインの全国品評会「第9回全日本ブラックアンドホワイトショウ」(全国ホルスタイン改良協議会主催)が13日、御殿場市の馬術・スポーツセンターで始まった。14日まで。

 開催は5年に1度で、同市では3回目。協議会に加盟する北海道から沖縄までの酪農家が206頭を出品する。

 月齢によって12部門に分かれ、初日は月齢が浅く未出産の牛が参加する5部門の審査を行った。酪農家が「リング」と呼ばれる審査会場で牛を引いた。審査員が体形をチェックし優劣を決めた。

 最終日は出産を経験した牛が出場する7部門の審査を行い、最高賞のグランドチャンピオンを決める。

 「2018セントラルジャパンホルスタインショウ」を兼ねて行われている。

静岡新聞社