ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「たくさん緊張していた」セクシー・クイーンの18年初戦は予選落ち

4/14(土) 16:55配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<KKT杯バンテリンレディス 2日目◇14日◇熊本空港カントリークラブ (6,428ヤード・パー72)>

【写真】セクシーは衰え知らず?アン・シネの特選フォトギャラリー

熊本を沸かせたセクシー・クイーンは、2日で姿を消すことになった。「KKT杯バンテリンレディス」2日目、アン・シネ(韓国)は2バーディ・3ボギーの「73」とスコアを1つ落とし、トータル6オーバー・64位タイで予選落ちを喫した。

インから出たシネは、出だしの10番でボギーを叩くも、12番で残り110ヤードから1mにつけて2018年最初のバーディを奪取。さらに折り返しての3番でもスコアを伸ばし、決勝進出圏内につけたが、6番でボギーを叩くと9番でも土砂降りの中でボギー。ホールアウトして数分後に雨が上がり、「もう少しスタートが早いか、遅ければ良かったのですが…」と運にも見放された。

「4か月ぶりの試合でたくさん緊張していたと思います。また、去年からの課題であるショットはオフにたくさん練習してきましたが、想像以上の成績にはつながりませんでした。得意クラブであるショートアイアンも思った以上につきませんでしたね」。予選突破を目指しアグレッシブに攻めたが、気持ちにショットがついてこなかった。

この後は韓国に戻り、KLPGA公式戦「CreaS F&C The 40th KLPGA Championship」に出場する。「久々にたくさんのファンの方に囲まれて、とても楽しい2日間でした」と微笑みを残し、火の国・熊本を後にした。(文・秋田義和)

(撮影:鈴木祥)<ゴルフ情報ALBA.Net>