ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

真夜中の海岸、ホタルイカすくいが盛況 富山湾

4/14(土) 8:20配信

朝日新聞デジタル

 富山湾が春を迎え、富山県内の海岸が、ホタルイカすくいを楽しむ人たちでにぎわっている。日が暮れると続々と人が詰めかけ、深夜0時を回っても、多くの人がヘッドライトで海面を照らし、タモでホタルイカを狙っていた。

【写真】ホタルイカをすくう人たちでにぎわう海岸=2018年4月14日午前1時34分、富山市、井手さゆり撮影

 ほたるいかミュージアムによると、ホタルイカは普段、水深200~600メートル付近に生息しているが、春の産卵期には富山湾の近くまで集まってくる。いくつかの条件がそろうと生きたまま海岸に打ち上げられることがあるが、詳しい生態はわかっていないという。(井手さゆり)

朝日新聞社