ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

挑戦者ブランダムラ、母国のグローブ選択 「しっくりきた」

4/14(土) 6:01配信

スポニチアネックス

 ◇WBA世界ミドル級タイトルマッチ (王者)村田諒太《12回戦》(同級6位)エマヌエーレ・ブランダムラ(2018年4月15日 横浜アリーナ)

 使用グローブは村田が米エバーラスト社製、ブランダムラがイタリアのレオーネ社製となった。挑戦者が調印式にレ社製を持ち込み、エ社製と比べて「使い心地が良い。しっくりきた」と母国のグローブを選択した。

 王座を奪取したエンダム(フランス)戦でも異なるグローブで戦った村田もレ社製を実際にはめ、「似通ったイメージ。前回も違うグローブだった」と問題なしを強調した。