ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

絵本で赤ちゃんと触れ合いを 森町が贈呈事業開始

4/14(土) 8:08配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 森町は13日、生後間もない赤ちゃんに絵本を贈る「ブックスタート事業」を開始した。第1回として、町保健福祉センターでの6カ月児相談に訪れた親子17組に手渡した。

 読書による親子間や家族内でのコミュニケシーョン促進などが狙い。「じゃあじゃあびりびり」と「いないいないばあ」の2冊を進呈した。6カ月児相談の身体計測や栄養指導などとともに、図書館ボランティアら9人が保護者に読み聞かせを指導した。

 長男(7カ月)と足を運んだ育休中の会社員女性(30)=同町中川=は「子供と遊ぶ機会も増えてきた。絵本は心の成長に役立つ」と歓迎した。

 6カ月児相談は偶数月の第1か第2金曜に実施し、2018年度は親子約120組への絵本贈呈を見込む。町立図書館担当者の中嶋裕子さん(61)は「早いうちから本に親しんでもらい、読書習慣や図書館を訪れてもらうきっかけにしたい」と意図を語った。

静岡新聞社