ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

札幌FW宮吉拓実、移籍後初ゴールも満足せず「2点目も決めたかった」

4/14(土) 20:20配信

GOAL

北海道コンサドーレ札幌FW宮吉拓実が、柏レイソル戦で待望の移籍後初ゴールをマークした。

札幌は14日の明治安田生命J1リーグ第8節で柏を2-1で下してリーグ3連勝を飾った。9分に左サイドを崩されて先制点を献上したが、すぐさま宮吉のヘッドで同点に追いついた札幌。その後はこう着状態が続くも、87分にエースの都倉賢が決勝ヘッド。鮮やかな逆転勝ちを収めた。柏戦の勝利を宮吉は「チームとして勝ち点3を得られて良かった」と振り返った。

0-1で迎えた13分、三好康児のクロスを頭で合わせた宮吉はこのゴールが札幌移籍後初ゴールとなった。「康児から上手くきて合わせただけ」と同じく新加入の三好のクロスが起点になったことを強調。宮吉の言葉通り、三好のクロスが起点となり、札幌に2ゴールが生まれた。

「今年はクロスからの得点は多いので、そこは常に狙っている部分。前半と後半で1本ずつ形にできたのは良かったと思います」と殊勲の2アシストをマークした三好も喜びを表した。

今季サンフレッチェ広島から加入した宮吉はここまで公式戦5試合に出場。タレント揃う札幌の前線で激しいポジション争いを演じている。「環境を変えてチャレンジしたい」と新天地での活躍を誓った。そういった状況もあって、ゴールへのどん欲な姿勢は常に持ち続けている。

「(2点目の)チャンスもありましたし、決めたかった」

まずは今季初ゴールという結果を残した宮吉。5試合無敗と勢いづく札幌でさらなる得点量産を目指す。

GOAL

最終更新:4/14(土) 20:20
GOAL