ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

大谷翔平が中学時代所属の野球チーム解散 選手不足など

4/14(土) 3:00配信

朝日新聞デジタル

 大谷翔平選手(大リーグ・エンゼルス)が中学時代に所属していた硬式野球チーム「一関リトルシニア」が今年2月に解散していことが13日、わかった。選手不足などが理由だという。

 チーム関係者によると、2年前から選手数が9人を割り込み、対外試合ができない状態が続いていた。昨年度は1人になり、費用などの面からもチーム存続は難しいと判断したという。

 2000年代前半には10~20人程度で推移。大谷選手がいた09年には全国選抜大会にも出場したが、徐々に集まらなくなった。関係者は「野球人口が減っているかは分からないが、人を集めるだけで大変な状態だった。団員不足は子どものためにも良くないと判断した」と話した。

 チームは今年2月26日、ホームページ上で解散の通知を掲載していた。(加茂謙吾)

朝日新聞社