ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

札幌MF三好康児「常に相手に脅威を与えられている」と手ごたえ…川崎Fとの違いを説明

4/14(土) 20:23配信

GOAL

「常に相手に脅威を与えられている」

北海道コンサドーレ札幌MF三好康児は、自分たちの戦い方に手ごたえを感じているようだ。

札幌は明治安田生命J1リーグ第8節で柏レイソルと対戦。MF宮吉拓実とFW都倉賢のヘディングシュートにより、2-1で逆転勝利を収めた。

今季川崎フロンターレより期限付き移籍で加入した三好は、開幕から先発出場を続けており、柏戦では2本のクロスで逆転勝利に貢献した。

川崎Fとの違いを聞かれると、三好は「川崎Fは(選手同士の)距離が近く、狭い中でも崩せるという自信を持ってる。札幌も狭い中を行く時はありますけど、(相手の選手が)近くにいる時は逆サイドが空いているので、ロングボールも入れる」選択肢があると説明する。

札幌では、都倉やジェイといった身長の高い選手へ簡単にボールを預ける攻め方もあれば、大きくサイドチェンジしてからのクロスという方法もある。それが「相手からしたら、どっちもあるという怖さ」につながると話す。

さらに1トップ2シャドーで仕掛ける方法もあると付け加え、「(川崎Fと)どっちがいいとか分からないですけど、いまの札幌はそういうサッカーで、常に相手に脅威を与えられているかなと思っています」と続けた。

GOAL

最終更新:4/14(土) 20:23
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合