ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

<米英仏>シリア攻撃「正義の力」 化学兵器施設標的 

4/14(土) 11:24配信

毎日新聞

 【ワシントン高本耕太、カイロ篠田航一、ニューヨーク國枝すみれ】シリアの首都ダマスカス近郊での化学兵器使用疑惑を受け、米英仏3カ国は13日、シリアのアサド政権への軍事攻撃を実施した。トランプ米大統領はホワイトハウスで演説し、シリアの化学兵器関連施設を標的にしたピンポイント(精密)攻撃を命令したと発表した。「3カ国は残忍な蛮行に対する正義の力を行使した」と述べ、「シリア政権が化学兵器使用をやめない限り、対抗手段をとり続ける用意がある」と警告した。

【写真特集】がれきが散乱し、廃墟と化した地区も

 国防総省の発表によるとシリアへの攻撃は現地時間14日午前4時に開始された。標的は、ダマスカスの化学兵器研究開発拠点▽中部ホムスの貯蔵施設▽ホムスの化学兵器作戦の司令部--の3カ所。シリア国内に駐留するロシア軍に対し攻撃前の対象の通知はなかったという。記者会見したダンフォード統合参謀本部議長は「標的は破壊された」と述べた。

 今回の攻撃は、国連安全保障理事会決議や米国議会の承認を経ていないが、トランプ氏は演説で攻撃は「化学兵器の製造と拡散、使用を抑止する行動だ」と指摘、「抑止力の確立は米国の死活的国益に直結する」と強調した。また、アサド政権を支援するロシアに対しては「2013年にシリアの化学兵器全廃を保証していた」と指摘。「アサド政権の化学兵器使用と今日の報復措置は、ロシアによる失敗の結果だ」と非難した。

 マティス米国防長官はシリアの東グータ地区での化学兵器使用を確認したのは12日と説明。また、化学兵器の種類に関して「塩素ガスが使われたことは確信している」と述べた。

 英仏両国政府も攻撃決定を発表。メイ英首相は「軍事的手段以外の選択肢はなかった」と述べ、マクロン仏大統領は攻撃の対象は「アサド政権の持つ化学兵器能力だ」と強調した。

 米国がシリア攻撃を発表した13日夜(シリア時間14日未明)、シリアの首都ダマスカスの市民は毎日新聞の取材に「爆音で目が覚めた」などと話した。午前4時ごろ、「ズン」という地鳴りのような音が響き、「首都の近くで攻撃があった」と市民は知ったという。

 ロイター通信は米当局者の話として巡航ミサイル「トマホーク」による攻撃が実施されたと報じた。米CNNテレビは、シリア領空外からの遠隔空爆も用いられたと伝えている。国営シリア・アラブ通信は速報で「わが国の防空システムが侵略に対抗し、ミサイルを撃ち落とした」と伝えた。

 攻撃直前の13日に開かれた国連安保理会合では、シリア攻撃を正当化しようとする米英仏とシリアの後ろ盾であるロシアとが激しく対立し、会合に参加したグテレス国連事務総長は「(中東に)冷戦が戻った。エスカレーションを防止する仕組みはもう存在しないようだ」と悲嘆していた。

最終更新:4/14(土) 13:55
毎日新聞