ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

米大統領、再びシリア撤収表明

4/14(土) 11:18配信

時事通信

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は13日の国民向けテレビ演説で、「米国はシリアにおける長期的役割を求めていない」と強調し、米軍部隊を早期に撤収させる意向を示した。

 
 トランプ氏は「米国は世界から悪を追放できないし、独裁政権がある全ての国で活動することもできない」と強調。「どれほどの米国人の血や財産も中東に平和をもたらすことはできない。この地域の運命は地域の人々の手に懸かっている」と述べ、過激派組織イスラム国(IS)壊滅後の治安維持は中東諸国に任せる考えを表明した。 

最終更新:4/14(土) 11:25
時事通信