ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「体張って収めようとはしたが」…知念慶、川崎F本来のサッカーではなかったと指摘

4/14(土) 22:38配信

GOAL

「鬼さん(鬼木達監督)もハーフタイムに言ってましたけど、蹴りたくない。蹴るのは、僕らのサッカーではないので」

明治安田生命J1リーグ第8節が14日に行われ、ベガルタ仙台対川崎フロンターレはスコアレスドローに終わった。川崎Fは前半、FW知念慶にボールを集めているように見えた。しかし、それは意図した戦術ではなかったと、前半のみで退いた知念自身が説明する。

「ぶっちゃけ前半なんか、めちゃめちゃ僕のところに蹴ってました。それしかなかったので、僕も体を張って頑張って収めようとはしましたけど……。本来うちのサッカーは、そういうことを目的としてやってないんで。チームとして目指してた場所が違ったかなと思います。そのせいで流れが全然つかめなかった」

そして「仙台がやりたいサッカーをやっていたと思う」と振り返った。

それでは、どこに問題があったのか。知念は「全体的に、切り替えの部分や、流れが悪い時に全員がどういう意思でみんなで攻撃していくのか。ボールをキープする時間とか、そういう意思統一ができてなかった。ただやってる、というか。みんなの意志統一が足りてなかった」と指摘した。

「いままで通りやってもできないので、いろいろ工夫しながらやっていきたい」

川崎Fはこれでリーグ戦4試合勝ちなし。川崎Fのサッカーが研究される中で、知念は試行錯誤することが重要だと強調した。

GOAL

最終更新:4/14(土) 22:39
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1