ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【KNOCK OUT】最強ムエタイ王者ヨードレックペット「梅野源治の挑戦も受けて立つ」

4/14(土) 23:28配信

イーファイト

 4月14日(土)神奈川・カルッツ川崎にて開催された格闘技イベント『KNOCK OUT SAKURA BURST』。

【フォト】森井の鼻を曲げたヨードレックペットのヒジ

 同大会のメインイベント、KING OF KNOCK OUTライト級タイトルマッチでは2Rに挑戦者ヨードレックペット・オー・ピティサック(23=タイ)が初代王者・森井洋介(29=ゴールデングローブ)の鼻に左ヒジをクリーンヒット。森井は鼻骨骨折で試合続行不可能と見なされレフェリーストップ、ヨードレックペットのTKO勝ちとなり、第2代KNOCK OUT王者となった。

 ヨードレックペットは、つい最近までムエタイ世界最高峰の二大殿堂ラジャダムナンとルンピニー両スタジアムのライト級王座を同時に保持(ルンピニー王座は返上)。3月6日には、タイのスポーツ界で権威のあるサイアムスポーツ社認定のタイ・スポーツ大賞のムエタイ部門でMVPを獲得している。つまり、現在のムエタイ界で最も評価されている選手ということになる。

 試合後、ヨードレックペットは「森井の左フックが一番効いた。今まで対戦した日本人選手の中で一番強かった」と試合を振り返る。KNOCK OUTの看板選手である森井を圧倒し、今後、防衛戦の相手を見つけるのが困難となるが、過去に2戦して1勝1敗の梅野源治を挑戦者に迎えるのはどうか?との質問には「問題ない。受けて立つ」と即答。

 次戦はタイでの試合も未定であるが、10月に開催が予定されているKNOCK OUTライト級アジアトーナメントについては「ぜひタイ代表として出たい」と意欲的なコメントを残した。

最終更新:4/14(土) 23:28
イーファイト