ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

広島女子高生刺殺、14年目の逮捕…35歳・鹿嶋学容疑者、別件で書類送検、犯行認める

4/14(土) 7:06配信

スポーツ報知

 広島県廿日市(はつかいち)市で2004年10月、県立廿日市高2年の北口聡美さん(当時17歳)が自宅で刺殺された事件で、廿日市署捜査本部は13日、殺人の疑いで山口県宇部市の会社員・鹿嶋学容疑者(35)を逮捕した。容疑を認めているという。捜査関係者によると、別の暴行事件で山口県警に書類送検されていた鹿嶋容疑者の指紋と現場に残されていたものが一致。その後、DNAも一致した。今後、捜査本部は北口さんと鹿嶋容疑者との接点など、全容解明を進める。

 事件発生から13年半、惨劇の容疑者として逮捕されたのは、これまで全く捜査線上に浮かんでいなかった男だった。

 鹿嶋容疑者の逮捕容疑は、04年10月5日午後3時ごろ、廿日市市内の北口さんの自宅で、刃物のようなもので胸や首などを突き刺すなどして殺害した疑い。当時、悲鳴を聞いて駆け付けた祖母と当時小学6年の妹が、離れ1階の玄関付近で倒れている北口さんとそばに立っている男を発見。妹は近所に逃げて助けを求めたが、祖母は首など10か所近くを刺され、一時意識不明の重体となっており、今後は殺人未遂容疑も視野に入れて関与の有無を調べる。

 捜査関係者によると、今週に入り山口県警が捜査した別の暴行事件で採取された鹿嶋容疑者の指紋を、指紋と掌紋を検索できる指掌紋自動識別システムで照合。その結果、事件当時に北口さんの自宅のドアノブにあったものと一致した。その後、DNA型も北口さんの爪の間に挟まっていた残留物から採ったものと同じだったのが決め手となった。

 鹿嶋容疑者は13日午前、任意同行の後、取り調べを受けた山口南署から廿日市署に移送された。取り調べに対しては口数は少ないものの素直に応じており、容疑を認めているという。捜査本部は、宇部市内の自宅を家宅捜索し、2人の接点や動機などを捜査している。

 捜査本部は延べ30万人の捜査員を投入。妹の証言などを基に作成した似顔絵や現場付近を走行したバイクの特徴、現場の足跡から特定した同じ型の靴を公開していた。また、08年からは最高300万円の公的懸賞金(捜査特別報奨金)を出すことを決め、情報提供を呼び掛けていた。会見した住田克俊刑事部長は「有力な目撃情報が少なく、(逮捕に)結びつかなかった」と語った。

最終更新:4/14(土) 7:36
スポーツ報知