ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【KNOCK OUT】大物同士がついに激突、江幡塁vs小笠原瑛作が決定

4/15(日) 6:30配信

イーファイト

 6月8日(金)東京・後楽園ホールで開催される『KNOCK OUT SURVIVAL DAYS』の対戦カード第一弾が発表された。

【フォト】江幡の左フックがヒット

 WKBA世界スーパーバンタム級王者・江幡塁(27=伊原道場)と、ISKA K-1ルール世界バンタム級王者・小笠原瑛作(22=クロスポイント吉祥寺)がついに激突。軽量級のビッグカードが決定した。

 江幡は双子の兄・睦とともに江幡ツインズとして注目され、パンチ&ローキックのずば抜けた攻撃力を持ち戦績は35勝(18KO)3敗3分。ムエタイ世界最高峰ラジャダムナンスタジアム王座へ挑戦したこともある。「軽量級日本最強」との呼び声も高く、昨年12月に満を持してKNOCK OUT両国大会に初参戦。WPMF世界スーパーバンタム級王者・宮元啓介から勝利を収めている。

 対する小笠原はKNOCK OUT旗揚げ大会からレギュラー参戦し、1年間で6戦5勝(5KO)1分という戦績を残し、一躍軽量級の代表選手に。昨年6月には那須川天心とも対戦したルンピニースタジアム認定スーパーフライ級王者ワンチャローンをKO、9月にはホームリングであるREBELSでISKA世界王座を奪取した。現在ひとつの引き分けを挟み7連勝中。

 これまで実現することのなかったスーパーバンタム級の大物同士が、格闘技の聖地・後楽園ホールで雌雄を決する。打倒・那須川天心に一歩近付くのは、江幡か、小笠原か。

最終更新:4/15(日) 6:30
イーファイト