ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

安倍首相「戦争知る平和の番人」=故野中氏のお別れ会

4/14(土) 13:18配信

時事通信

 官房長官や自民党幹事長を歴任し、今年1月に死去した元衆院議員野中広務氏のお別れの会が14日、京都市内のホテルで営まれた。

 安倍晋三首相は弔辞を述べ、「戦争を知る最後の世代で、平和の番人たる先生の発する言葉の一つ一つは心の奥まで響くすごみがあった」としのんだ。

 首相は1994年の自民党政権復帰などに触れ、「先生がいなければ自民党の下野(の時代)を乗り越えることはできなかった。今に続く自公連立の礎を築いてくださった」とたたえた。

 実行委員長を務めた自民党の二階俊博幹事長は式辞で、2001年に野中氏と訪中した思い出を振り返り、「(日中関係が)難しい時こそ行動することが、今を生きる私たちの責任だと身をもって教えていただいた」と語った。 

最終更新:4/14(土) 13:57
時事通信