ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

クリス・ハート、“最後の美声”…無期限活動休止前ラスト単独公演

4/14(土) 7:00配信

サンケイスポーツ

 米国出身の歌手、クリス・ハート(33)が13日、活動休止前最後の単独公演を東京・渋谷のNHKホールで行った。

 昨年12月に、音楽の勉強と家族のサポートのため今春から無期限活動休止すると発表。今後は日本を拠点に米バークリー音楽大のオンライン授業で作曲やプロデュースを学ぶと明かし、「これからは歌手だけでなく、いろんなことにチャレンジしたい」と抱負。私生活では妻で歌手、福永瞳との間にもうけた1男1女のパパでもあり、「子育ても頑張ります」と意気込んだ。

 2013年のデビューから5年。「みんなの応援のおかげでパパになって(昨春に日本国籍を取得して)日本人になった。大きな5年間が過ごせて幸せでした」と感無量。所属事務所の後輩歌手、村上佳佑(28)とのコラボ曲「ファンファーレ」では歌詞を間違えるハプニングもあったが、デビュー曲「home」など23曲を熱唱し、3500人を魅了した。

 21日の音楽イベントがラストステージ。最後は目に涙を浮かべて、「さよならじゃないから、さよならは言いたくない。引退するつもりもない。新しいクリス・ハートでステージに立ちたい」と復帰も視野に約束した。