ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

大谷 巧打連発!3度目マルチで決勝のホームイン!6連勝に「いい流れで来ている」

4/14(土) 12:42配信

デイリースポーツ

 「ロイヤルズ4-5エンゼルス」(13日、カンザスシティ)

 エンゼルス・大谷翔平投手が、「7番・指名打者」で出場した。これまでの8番から打順が昇格した一戦で、逆転勝利に大きく貢献。チームも勢い止まらず6連勝となった。

【写真】フジ久慈暁子アナ、市長公認恋人の大谷とツーショット

 相手先発はメジャー通算92勝の右腕、ジェーソン・ハメル。大谷は二回、1死無走者で迎えた第1打席。カウント2-2から、厳しいコースに入ってきた内角148キロに詰まりながらも左翼線へ運ぶ技ありの二塁打を放った。メジャーでの二塁打は初。これで、スタメンでは7試合連続安打となった。

 第2打席は1点リードの四回、無死一塁。相手バッテリーの外角中心の配球に大谷も粘ったが、フルカウントからの9球目、148キロの外角球に空振り三振に倒れた。第3打席は2点を追う六回、1死一塁。相手ベンチは大谷を迎えたところで、先発のハメルから変則左サイドのヒルに交代。カウント1-1からの3球目、低めに沈む球へバットを合わせたが、高いバウンドの二ゴロに倒れた。

 価値ある一打は第4打席に生まれた。1点を追う八回、無死一塁。150キロ超の直球を投げ込む右腕グリムに対し、カウント2-2から低めのカーブを仕留めて中前打でつないだ。第1打席に続いて巧みなバットコントロールを披露し、相手にダメージを与えた。

 この後、無死一、二塁と好機が広がり、犠打で1死二、三塁。代打バルブエナの適時打で追いつくと、キンズラーの犠飛で大谷が決勝のホームを踏んだ。

 大谷は野手としてスタメンで7試合、代打で1試合に出場。30打数11安打で打率・367、3本塁打、11打点の好成績を残している。チームは6連勝中で12勝3敗、ア・リーグ西地区首位を快走している。

 大谷は15日(日本時間16日)の同戦には投手として先発予定。この日の試合前練習ではブルペンで投球練習を行い、投手としての調整に重点を置いた。

 試合後、大谷は「ツーベースはいいところに落ちてくれた。2本目はチャンスをつくることができてよかった」と安どの表情。逆転劇を呼び込んだ2本目の安打については「キレのいいカーブがある投手と分かっていた。難しいところをヒットにできてよかった」とうなずいた。

 次戦は投手として15日(16日)の登板に向かうが「いい流れできているので、波に乗っていい投球ができれば」と意気込んだ。