ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

白岩「来季3回転半決める」 成長の新鋭、目標見据え

4/14(土) 16:53配信

京都新聞

 今季からシニアに転向し、国内外で活躍した京都ゆかりのフィギュア選手がこのほど、京都アクアリーナで開かれたエキシビションに出演し、鮮やかな演技でシーズンを締めくくった。技術的にも精神的にも成長できたという新鋭がトップ選手と競い合ったシーズンを振り返り、来季への飛躍を誓った。
 「(来季の)全日本選手権までにトリプルアクセルを決める」。白岩優奈(関大KFSC、京都両洋高)は目標を明確に掲げる。
 GPシリーズは、NHK杯8位、フランス杯6位と粘りを見せたが、ファイナル進出は逃した。五輪出場枠を懸けた全日本選手権は9位に終わり、周囲からの重圧や他の選手の雰囲気に圧倒されたという。平昌五輪はテレビで観戦し、「4年後は自分が滑るとの思いがこみ上げた」と話す。
 世界の舞台でルッツ-トーループなど高難度の連続ジャンプを成功させ、自信も深めた。スピード感ある滑りも披露したが、「課題だらけ」と冷静に現状を見つめる。優先的に修正したい点に技術の美しさを挙げ、「全日本選手権で表彰台に上がり、世界選手権に出場する」と次のシーズンを見据えている。

最終更新:4/14(土) 16:53
京都新聞