ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

<プロ野球>覚悟こもった100球 日本ハム・有原

4/14(土) 19:45配信

毎日新聞

 ○日本ハム2-1オリックス●(ほっともっと神戸・14日)

 頼りになる右腕がチームに戻ってきた。右肩のけがで出遅れていた日本ハムの有原が、今季初登板で8回1失点と会心の投球で初白星を手にした。

 「多少の緊張感はあった」というが、四回まで一人の走者も出さない完璧な立ち上がり。五回に2安打を許し、2死二、三塁のピンチを招いても慌てない。安達を追い込むと、最後に選んだのは133キロのフォーク。ボール球を振らせて空振り三振に仕留めた。八回にマレーロの本塁打で失点こそしたが、被安打3、9奪三振、無四球で自身の「開幕戦」を飾った。

 3年目で初の開幕投手を務めた昨季はチームトップの10勝を挙げたが、今季はキャンプ中に右肩炎症で離脱。「チームに迷惑をかけた分、何とか勝ちたかった」と振り返る。

 大谷がメジャーに移籍し、早々に有原を開幕投手に指名したほど期待は大きいだけに、栗山監督は「抑えた結果以上に、俺が引っ張るという姿を見せてくれた」と満足そうだ。新エースの門出にふさわしい、覚悟がこもった100球だった。【長田舞子】

最終更新:4/14(土) 19:55
毎日新聞

スポーツナビ 野球情報