ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

草なぎ、大杉漣さんお別れの会で涙の弔辞「神様って本当にいるのかよ」

4/14(土) 14:27配信

デイリースポーツ

 2月21日に急性心不全のため死去した俳優の大杉漣(おおすぎ・れん、本名・大杉孝=おおすぎ・たかし)さん(享年66)のお別れの会「さらば!ゴンタクレ」が14日、東京・青山葬儀所で営まれ、笑福亭鶴瓶、ダウンタウン・浜田雅功、泉ピン子、遠藤憲一、草なぎ剛、稲垣吾郎らが参列した。ドラマ「嘘の戦争」などで大杉さんと共演した草なぎは、涙で声を詰まらせながら弔辞を読み上げた。

【写真】草なぎ剛 13年ぶりNHKドラマで迫真の演技

 草なぎは「漣さん、お元気ですか。こうやってこんな風に、まさか漣さんにお話しするなんて思ってなかったです。何言っていいか分からないじゃないですか」と呼びかけた。

 急死から2カ月が経過。「そっちの生活はどうですか。多分、漣さんのことだから、すぐにみんなと仲良くしてるんでしょうね。残された僕らはそのまま時が止まって、整理が付かず困ったもんですよ。どうしたらいいか分かんないしさ」と、心の空白が埋まらない現実を慨嘆。

 「何度も何度も悔やんで、早すぎるよって何度も何度も問いかけるけど、最後はあの低い声で笑って、漣さんの笑顔が残るだけなんですよね。本当にずるいよ。人の命ははかないですよね。漣さんみたいに本当に優しくて、いい人をこんなに早く天国に連れて行っちゃうなんて、神様って本当にいるのかよって…」と涙声になった。

 ショックで自暴自棄になったことも明かし、「いつかそれぞれの心にいる新しい漣さんに会える日が来るんですよね。そしたら、みんなでまた楽しいことしましょうよ。僕はやっぱり、また漣さんとお芝居したいです…」と胸中を吐露。

 言葉に詰まりながら「ドラマとか映画とか舞台とかやりましょうよ。そして、また漣さんが連れてってくれた海でさ、ギターを持ってってさ、一緒に好きな歌を歌いましょうよ。それまでしばらく待っててください」と約束し、最後はあえて明るく「それじゃ、またね」としばしの別れを告げていた。