ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

エンゼルス・大谷、開幕3連勝へブルペン43球 右手のマメ&極寒は…

4/14(土) 8:18配信

スポーツ報知

 エンゼルスの大谷翔平投手(23)が13日(日本時間14日)、15日(同16日)の敵地・ロイヤルズ戦に向けてブルペン入り。スプリット、スライダー、カーブと全球種を交え、43球を投げた。ナギー投手コーチは「いいブルペンだった。変化球の感覚と傾斜を使ってのストライクゾーンを確認した」と話した。

【写真】大谷からバットをプレゼントされたレオくん

 大谷は本拠地初登板となった8日(同9日)のアスレチックス戦で7回1死までパーフェクトに抑える好投。7回1安打無失点に抑え、開幕2連勝を飾った。

 米メディアから右手の指にマメが出来ていると指摘された。ナギー投手コーチは「全然問題ない。私が知る限りは大丈夫だ。準備は出来ている」とし、「(開幕からの2登板は)92球、91球と投げている。100球以上は投げられる」と期待した。

 15日のカンザスシティーは最高気温2度。最低はマイナス3度と極寒の中での投球となりそうだ。これまでに大谷は「元々は寒い所(岩手県)出身。結果的に暖かければいいけど、すごく寒いと想定しながら準備したい」と話している。

最終更新:4/14(土) 12:14
スポーツ報知