ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

王座剥奪の比嘉大吾、試合は開催へ KO勝利なら連続記録も認められる

4/14(土) 15:36配信

デイリースポーツ

 「ボクシング・WBC世界フライ級タイトルマッチ」(15日、横浜アリーナ)

 前日計量が14日、都内で行われ、体重超過のため王座剥奪となった比嘉大吾(22)=白井・具志堅スポーツ=と挑戦者で同級2位クリストファー・ロサレス(23)=ニカラグア=の試合は15日午前8時の当日計量を経て実施される方向で合意された。同級の制限体重(50・8キロ)より10ポンド=4・5キロ重い55・3キロを上回ると中止となる。

【写真】計量オーバーし肩を落とす比嘉大吾

 史上初めて、日本人が世界戦で体重超過となる事態となったが、試合開催は合意された。比嘉が勝てば王座は空位。引き分けでも空位。挑戦者が勝てば新チャンピオンとなる。なお、比嘉がKOで勝てば16連続KOの日本新記録は認められる。ただ、比嘉はこの日に至るまで減量苦であることは明白で、コンディション面が不安視される。

 比嘉は1回目の計量で制限体重(50・8キロ)から900グラムオーバーの51・7キロで体重超過となった。規定により2時間の猶予が与えられた中での減量を目指したが、午後2時30分過ぎに減量をギブアップしたことが発表された。

 所属ジムの具志堅用高会長は「重大なことが起こってしまった。あってはいけないことが起こってしまった。汗がひとつも出ない。日本でこんなことが起こって、申し訳ありませんでした」と謝罪した。