ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

<J1>めざましい活躍 札幌3連勝

4/14(土) 21:22配信

毎日新聞

 ○札幌2-1柏●(三協F柏・14日)

 かつてJ1とJ2をエレベーターのように行き来してきた札幌が、めざましい活躍を見せている。3連勝で4位に浮上した。まだ序盤とはいえ、リーグ戦を面白くしている。

 相手に圧力をかけられ、ひたすら体を張って耐える前半はこれまでと同じだった。だが、後半に立て直す。前半の苦戦の要因は、柏の中盤の大谷を起点に攻められたこと。そのキーマンに圧力をかけることで、中央から展開される攻撃を封じた。そして試合終了間際、都倉が得意の頭で決勝点をたたき出した。

 J1に復帰した昨季は守備に重きを置いて11位で残留を決め、今季からペトロビッチ監督が就任。かつて指揮した広島、浦和でも採用した、他クラブとは一線を画す独特なシステムの攻撃的サッカーを目指している。

 新しいスタイルに取り組んで数カ月。「このサッカーはポゼッションが大事。まだ監督の理想にはほど遠い」と兵藤が言うように、自分たちのものにはなっていない。それでも、チームの目標はアジア・チャンピオンズリーグ出場と野心はある。自身3試合連続のゴールで勝利に貢献した都倉は「常に上位にいればモチベーションを保てる。チームも良くなっている」。もっと成長すれば、目標は現実になる。【福田智沙】

 札幌・ペトロビッチ監督 試合の入りが悪かった。後半、柏の主将、大谷にボールをさわらせないような守備をしたことが功を奏した。

 柏・下平監督 前半は準備してきたものを出せた。後半は一進一退となったが、勝ちきれなかったのは力のなさ。

最終更新:4/14(土) 22:57
毎日新聞

スポーツナビ サッカー情報