ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ヤクルト・バレンティン 先制二塁打「何とかバットにあてようと思った」

4/14(土) 16:40配信

デイリースポーツ

 「阪神-ヤクルト」(14日、甲子園球場)

 ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手が、先制適時二塁打を放った。

 六回1死三塁から阪神先発・秋山のフォークボールを拾い、左翼線へ。「ツーストライクと追い込まれていたので、コンパクトに何とかバットに当てようと思った。ヒットになってよかった」と、技ありの一打を振り返った。

 前日は今季初めてスタメンから外れて欠場。休養のリフレッシュ効果もあってか、勝負所で主砲の仕事を果たした。