ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

<熊本地震2年>スポーツ界でも復興支援

4/14(土) 22:45配信

毎日新聞

 熊本地震の発生から2年を迎えた14日、スポーツ界でも復興支援活動があった。

 プロ野球・ソフトバンクは、選手会が藤崎台県営野球場(熊本市)でのロッテ戦に、児童養護施設「菊水学園」の児童ら41人を招待し、写真撮影をした。試合前には1分間の黙とうをささげたが、その後天候が悪化したため中止となった。試合で始球式を務める予定だった地元出身のタレント・コロッケさんが即席の物まねショーを披露し、観客を沸かせた。

 工藤監督は「大変な思いをされている方も多い中で熊本を元気にという形で来た。今度はオールスターで熊本に来るので、選手も出られるように頑張ってほしい」と7月14日に熊本で開催されるオールスターでの活躍を誓った。選手会長の柳田は「オフとかにまた(支援活動を)やりたいなと思う」と語った。

 また、バスケット・Bリーグ2部の熊本は熊本市の県立総合体育館で秋田と対戦し、選手は復興祈念のユニホームを着てプレーした。試合は73-77で熊本が敗れた。【生野貴紀】

最終更新:4/14(土) 22:45
毎日新聞