ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

<米州首脳会議>ペルーで開幕 トランプ大統領は欠席

4/14(土) 23:02配信

毎日新聞

 【リマ山本太一】第8回米州首脳会議(参加35カ国)が13日、南米ペルーの首都リマで開幕した。対シリア軍事攻撃に踏み切ったトランプ米大統領は出席せず、キューバのラウル・カストロ国家評議会議長も含めて、少なくとも計6カ国の首脳が欠席する。

 1994年に米州首脳会議が始まって以降、米大統領の欠席は初めて。AP通信は、米国の中南米諸国への影響力低下とトランプ氏の不参加が、首脳の欠席続出につながったと伝えている。

 主催国ペルーは、ベネズエラでの野党弾圧は民主主義を脅かすとして、マドゥロ大統領を招かなかった。2日間の会期中、政治・経済危機が深まるベネズエラへの対応や各国で相次ぐ汚職対策が主要議題となる見通しだ。

 トランプ氏に代わって出席したペンス米副大統領は、ベネズエラの野党指導者と面会。隣国に逃れたベネズエラ難民への人道支援として、約1600万ドル(約17億円)を拠出すると発表した。

最終更新:4/14(土) 23:02
毎日新聞