ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「ラストアイドル」第2期暫定メンバー12人決定!約3000人から選抜

4/15(日) 0:35配信

スポニチアネックス

 テレビ朝日のアイドルオーディション番組「ラストアイドル」(土曜深夜0・10)の第2期暫定メンバー12人が決まった。

 オーディションは2月下旬に受け付け開始。約3000人の応募があり、1次審査(書類)、2次審査(ダンス、歌唱)で約60人に絞り込み、最終審査で12人が選ばれた。

 勝ち残ったのは14歳から22歳までの個性豊かな面々。篠原望(21)、水野舞菜(17)、高橋美海(18)、篠田萌(16)、木崎千聖(15)、山本琉愛(14)、町田穂花(15)、延命杏咲実(14)、上水口姫香(15)、畑美紗起(22)、 小田中穂(16)、河田梨帆(21)の12人だ。

 篠原は「普段はおとなしくて自分に自信がないタイプなのですが、特技のテナーサックスやダンス、歌を披露している時は、自分じゃないみたいになれる。表現している時の姿と普段の自分とのギャップを出せればいいなと思っています」と抱負。

 水野は「私は声が特徴的なので、それをチャームポイントとして覚えていただければ。ドラムを始めてから2年なのでまだ下手ですが、ドラムやっている時の自分ってカッコいいなと思います」とアピール。

 高橋は「歌やダンスなどはみんなに負けているかもしれませんが、根性だけは負けないように心掛けています。茶道は小学校3年生から習っていて9年間まじめにやっていました。でも、性格は全然、おしとやかではないです」と笑顔。

 篠田は「私が、ここだけは負けないと思うのは、メークやファッションで雰囲気が変えられるところ。着物や浴衣、剣道着など“和”が似合うと思います。あとは頭の形がいいことかな。美容師さんにほめられました」と訴えた。