ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

山本耕史 大杉漣さん哀悼「友達のようで、お兄さんのようで、お父さん…」

4/14(土) 19:53配信

デイリースポーツ

 急性心不全のため、2月21日に死去した俳優・大杉漣さん(享年66)のお別れの会「さらば!ゴンタクレ」が14日、東京・青山葬儀所で営まれ、ビートたけし(71)、笑福亭鶴瓶(66)、遠藤憲一(56)ら関係者700人が参列した。故人と親交が深かった、草なぎ剛(43)、木村佳乃(42)らが涙ながらに弔辞を読み上げた。また、1000人の一般ファンも訪れ、献花台に花を手向けた。

 10代のころから共演していた俳優の山本耕史(41)は「こんな年下の後輩に優しく笑顔で接してくれました。きょう、こういう会でしたけど、『また会う日まで、さようなら。また会いましょう』という感じです」と故人をしのんだ。

 大杉さんについては「友達のようで、お兄さんのようで、お父さんのようでもあり、いろんな顔を持ってる大先輩」とした。

 大杉さんが女装する役を演じた14年のTBSドラマ「夜のせんせい」が思い出深いという。「コメディータッチのお芝居で、若者たちがいる現場でも、(大杉さんは)いつも笑顔で嫌な顔をせずに元気で、朝まで撮影をこなすパワフルな印象」と振り返った。