ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ヤクルト石川が名誉挽回投球で2勝目

4/14(土) 20:06配信

デイリースポーツ

 「阪神0-6ヤクルト」(14日、甲子園球場)

 ヤクルト・石川雅規投手が、六回途中4安打無失点で今季2勝目を挙げた。

【写真】坂口が右翼席に援護弾

 多彩な球種と緩急を使った投球で、阪神打線をほんろう。「球数が多くかかってしまった(114球)けど、両サイドを意識した。狙った所にいかなかったが、いろんなボールを投げていこうと思った」と粘り強くしのいだ。

 7日の巨人戦では3回7失点。先発の務めを果たせなかっただけに「同じ失敗は繰り返さないと。チームも自分も勝ってよかった」と名誉挽回のピッチングに安どしていた。