ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【アーリントンC】武豊のピースユニヴァースは6着 「上位馬は強い」

4/14(土) 16:38配信

スポーツ報知

◆第27回アーリントンC・G3(4月14日、阪神競馬場・芝1600メートル、良)

 1番人気のタワーオブロンドン(牡3歳、美浦・藤沢和雄厩舎、クリストフ・ルメール騎手)が直線で抜け出し、4勝目を挙げた。勝ち時計は1分33秒4。

 3番人気のパクスアメリカーナ(川田将雅騎手)が2着に続き、4番人気のレッドヴェイロン(ミルコ・デムーロ騎手)が際どい3着争いを制した。3着馬までNHKマイルC(5月6日、東京)への優先出走権を得た。

 武豊騎手(ピースユニヴァース=6着)「折り合いはついてラストもしっかり伸びているんだけどね。上位馬は強い」

 松田大作騎手(イルルーメ=8着)「まだ芯から力が付いてなくて、直線は手前(軸脚)を替えてばかりでした。それでも最後までしっかり伸びてくれましたよ」

 小牧太騎手(アリア=9着)「距離はもう少し短くてもよさそう」

 藤岡佑介騎手(ラセット=11着)「久々でしたが、レースぶりは悪くなかった。これを使ってもっと動けるようになると思います」

 松山弘平騎手(ラブカンプー=13着)「マイルという距離に戸惑っている感じでしたし、軽い芝の方がいいですね」

最終更新:4/15(日) 17:32
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ