ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

広島の守護神・中崎「今年1番しびれる場面」で4セーブ目

4/14(土) 22:37配信

デイリースポーツ

 「巨人2-3広島」(14日、東京ドーム)

 広島の守護神・中崎翔太投手が4セーブ目を挙げた。

 1点リードの九回に登板。まず先頭の坂本勇を見逃し三振。続く吉川尚を左邪飛に打ち取ると、最後は3番ゲレーロを中飛に仕留めた。

 試合後は「今年1番しびれる場面でした。コントロール、球種を含めて、今日は間違わなかった」と滴り落ちる汗をぬぐっていた。