ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

慶大・嶋田は西武・山川タイプ…元阪神スカウト菊地敏幸氏の注目選手

4/14(土) 22:52配信

デイリースポーツ

 「東京六大学、慶大15-0東大」(14日、神宮球場)

 元阪神スカウト菊地敏幸氏は、この試合で慶大・嶋田翔内野手(2年・樹徳)に注目。期待の大砲候補は開幕戦で5番に抜てきされると初回、1死満塁のチャンスで起用に応える先制の2点適時打を放った。

【動画】慶大・嶋田の魅力を菊地氏が解説

 同氏は「緊張していた雰囲気が出ていたんですけど、そこで打てて相当リラックスできたのかな。2打席目以降はピッチャーを飲む、そんな雰囲気が出ていた」と右のスラッガーとしての可能性を見いだした。

 「体も立派なので、成長を楽しみに見ていきたい選手」と伸びしろにも指摘。選手としての理想像は昨年ブレークを果たした西武・山川穂高内野手とし「長打に磨きをかけてほしい」と走塁、守備には多少目をつぶってでも、右の大砲候補として目が離せない存在になることを期待した。

 ◆菊地敏幸(きくち・としゆき)1950年生まれ。法政二から芝浦工大を経てリッカー。ポジションは捕手。89年にスカウトとして阪神入団。藪、井川、鳥谷らを担当。13年限りで阪神を退団した。今年から「AbemaTV」で東京六大学野球リーグの解説を担当。