ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

横山だいすけ、新曲初披露 大阪城ホール単独公演で「新生活のみんなの背中を支えられれば」

4/14(土) 19:25配信

スポーツ報知

 NHK・Eテレ「おかあさんといっしょ」の11代目「うたのお兄さん」として活躍した横山だいすけ(34)が14日、「横山だいすけ Family Live 2018 in 大阪城ホール」を開催。親子のファンを前に、5月23日発売の新曲「笑顔をあつめて」を熱唱。「初披露なのですごく緊張して、口の中がカラカラです」と話した。

 同ホールでは初の単独公演。「笑顔を―」はメジャーレーベルからリリースする初の楽曲で、横山は「4、5月は新しい生活が始まる時期。みんなの背中をちょっと支えられる曲になれば。一人でも多くの人に届けられれば」。

 コンサートでは、女優の瀧本美織(26)が同公演限りの「うたのおねえさん」として出演。ファンが事前に選んだ楽曲リクエストの上位に入った、中島みゆきの「糸」を横山とデュエットした。瀧本は「すごくハッピーオーラが出て、幸せな気持ちをたくさんもらいました」と話した。

 ほかにも「ずっとテレビで見ていた、だいすけお兄さん世代です」という鈴木福(13)、アイドルグループ・たこやきレインボーも出演し、ジブリソングなどで会場を盛り上げた。

 この日は2公演あり、15日(2公演)にも開催され、動員数は計約3万人となる見込み。

 また、ミュージカルコンサート「だいすけお兄さんの第2弾世界迷作劇場」の第2弾も発表された。7月21日~8月10日に全14か所15公演の西日本ツアーを行い、8月12日からは東日本ツアーを実施する予定。

最終更新:4/14(土) 19:28
スポーツ報知