ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

稲垣、草なぎ、香取出演映画「クソ野郎と美しき世界」が動員15万人突破

4/14(土) 17:56配信

スポーツ報知

 元SMAPの稲垣吾郎(44)、草ナギ剛(43)、香取慎吾(41)が出演する映画「クソ野郎と美しき世界」が動員15万人を突破したことが14日、発表された。

 同作はタイトルにかけ6日に全国86(野郎)館、19日までの2週間限定で公開されたが、13日までの8日間で16万1458人を動員。公開初日の目標に掲げた動員15万人を早くも突破した。

 初日舞台あいさつで、香取は「15万人いかなかった時はどういう顔をすればいいのか…」、草なぎも「行かなかったらかっこ悪いクソ野郎だけど、格好いいクソ野郎になりたい」と願っていたが、わずか8日間で目標を達成。稲垣は「皆さんと一緒につくった記念すべき僕たちの『新しい地図MOVIE』がすばらしいスタートを切ることができました。応援、ありがとうございます」。草なぎは「こんなにも早く15万人を突破できたことに正直驚いています。これも多くの皆さんが映画館に足を運んでくださったおかげです。またこのメンバーで楽しいことができたらいいなと思います」。香取は「カッコいいクソ野郎になれました! 皆さんと作った、美しき世界に、NAKAMAに、心から感謝です! ありがとう世界!」とコメントした。

 4本の短編を爆笑問題の太田光(52)ら4人の監督が演出するオムニバス作品。3人の公式ファンサイト「新しい地図」が製作を手掛け、昨年9月にジャニーズ事務所を退社後、3人がそろって映画に出演するのは初めてで、注目を集めていた。ホームページで連日、動員数を公開している。

最終更新:4/14(土) 18:29
スポーツ報知