ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【東京六大学準硬式野球】慶大が大勝

4/14(土) 21:04配信

スポーツ報知

◆報知新聞社後援 東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 慶大10―0東大(14日・ネッツ多摩昭島)

 慶大は初回、鱗原成也(3年=湘南)の左越え二塁打を手始めに、内野ゴロと田中杜人(3年=時習館)の左翼線三塁打などで2点を先制。先発の村石就昭(4年=慶応志木)がピンチを作りながらも要所を締めて無失点で試合をつくると、2回、7回にも1点ずつを加えリードを広げ、8回には相手投手の制球の乱れに乗じて一挙6点を奪い試合を決めた。東大は木村将貴(2年=岡崎)、田中恒暉(2年=浅野)が2安打するなど慶大と同じ8安打を放ちながらも決定打が出ず、攻守ともに投手を盛り立てられなかった。

 慶大・村石就昭「今日は調子が悪くピンチを招いてしまいましたが、バックに助けられました。その中でも、1球1球丁寧に投げることを意識しました」

最終更新:4/15(日) 19:33
スポーツ報知