ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「メリー・ポピンズ」盛況!動員17万人へ 日本初演ミュージカル異例の大規模公演

4/15(日) 7:03配信

スポーツ報知

 先月18日に開幕したミュージカル「メリー・ポピンズ」(東京・東急シアターオーブ、5月7日まで)が大盛況だ。国内最大規模(1972人収容)の同劇場では、12年の開場以来最多の約12万人を動員予定。5~6月の大阪公演と合わせて約2か月半、96回のロングランで17万人に上り、日本初演のミュージカルとしては異例の大規模公演となる。

 64年に公開され、アカデミー賞5部門を受賞した大ヒット映画をミュージカル化。子供を放りっぱなしのバンクス家の子守として舞い降りたメリー・ポピンズ(濱田めぐみ、平原綾香のWキャスト)が魔法の力で子供たちを魅了する物語。

 最大の見どころは、メリーが傘を持って観客の頭上を飛ぶフライングシーン。舞台から3階席の後方へ、天井高約20メートルの大空間を優雅に舞う。主催のホリプロ・堀義貴社長(51)が「日本版が世界最長で、本当にファンタジック」と絶賛する圧巻のスケールだ。

 観客は8割以上が女性だが、「チム・チム・チェリー」などなじみ深い曲が多く、高速ダンス、舞台転換の速さなど飽きない演出が光る。男性も楽しめる一作だ。

最終更新:4/15(日) 7:03
スポーツ報知