ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

B.デシャンボー、キャリアロースコア「64」で単独トップに浮上

4/14(土) 19:39配信

my caddie

 米男子ツアーのRBCヘリテイジ(現地時間13日/サウスカロライナ州、ハーバータウンGL)第2ラウンドが終了。

【第2R順位】RBCヘリテイジ

 キャリアロースコアを更新する「64」でプレーしたブライソン・デシャンボー(米)が、通算10アンダーで前日10位タイから単独トップに浮上した。

 デジャンボーは1イーグル、7バーディ、2ボギーのラウンド。左ドッグレッグの8番パー4も難なくバーディとした。

「ここのコースの特徴はよくわかっている。ショットを決めることができている。みんなが嫌うだろうが、8番のティーショットは好き」とデジャンボーは述べ、「なぜだかこのコースとは相性がとても良い。ウェッジでグリーンに運んで、パットも良かった」と振り返った。

「どの試合でも慣れるまでに2、3年はかかるから、ようやくここにも慣れてきた」と語るデジャンボーは、RBCヘリテイジへの参戦は3度目。2016年は4位タイ、昨年は予選落ちを喫していた。

 今季5度のトップ25位入り、3度のトップ10位入りに加え、3月のアーノルド・パーマー招待で単独2位となったデジャンボーは、快進撃の要因としてパッティングを挙げている。「パットが安定したのは間違いないね。とてもうまくいっている。悪い時もあったけれど、そこから学ぶことがたくさんあった」。

 アイアンの長さがすべて同じ、ハンチング帽とユニークなデシャンボー。残り2日間、首位の座を譲らずツアー通算2勝目を飾ることはできるだろうか。

最終更新:4/14(土) 19:42
my caddie