ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

元SKE48・矢方美紀、ステージ2の乳がん…25歳で左乳房全摘出

4/14(土) 5:00配信

サンケイスポーツ

 元SKE48の矢方美紀(25)が13日、公式ブログで、乳がんを患い、左乳房を全摘出したと公表した。所属事務所などによると、1月末に左胸にステージ2の乳がんが判明。リンパ節に転移しており、4月2日に左乳房全摘出とリンパ節切除の手術を受けた。昨年2月にSKEを卒業し、名古屋でタレント活動を始めたばかり。すでに退院し、「1日でも早く治したい」と前向きにつづった。

 25歳の元アイドルが乳がんに冒されていた。

 昨年2月に約7年間在籍したSKEを卒業した矢方は今年3月、体調不良を理由に活動を休止。SNSで通院していることを明かし、ファンが心配していたことから、この日、病名を初告白した。

 ブログや所属事務所によると、昨年12月、左胸に違和感を覚えて2カ所の病院で診察を受けたところ、今年1月末にステージ2の乳がんが判明。リンパ節に転移しており、3月30日に名古屋市内の病院に入院。4月2日に左乳房全摘出とリンパ節切除の手術を受け、同9日に退院した。

 ブログでは「手術後の私は意外と元気でした! リンパ節切除ということで、左手が今は肩から上に上げるのが少し難しい感じです」と病状を報告。インスタグラムにも「自分がまさかなるとは思っていなかったので本当に驚きしかありませんでした。今後は完治までまだまだ頑張ることもありそうですが、長い人生を楽しまないともったいない!ということで前向きに変わらずいきます」と気丈につづった。

 矢方は2009年、SKEに加入。目がぱっちりしたキュートなルックスと明るく前向きな性格のムードメーカーで、バラエティー番組でタレント、キンタロー。(36)のものまねを披露したことも。大分県出身で、HKT48の指原莉乃(25)とは中学の同級生だった。

 16日には名古屋・ZIP-FMのレギュラー番組「サブカルキングダムZ」で仕事復帰。所属事務所によると、今後は通院しながら経過を見る。

 矢方のショッキングな告白を受け、ネット上には「焦らずゆっくり頑張って」と励ましの声が飛びかった。