ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

14日、阪神競馬場でNHKマイルCのトライアル・アーリントンC(GIII) 出走馬を紹介!

4/14(土) 8:21配信

サンケイスポーツ

 阪神では土曜メインに3歳のGIIIアーリントンC(14日、芝1600メートル)が組まれている。昨年までは2月末から3月はじめに行われていたが、今年からNHKマイルC(5月6日、東京、GI、芝1600メートル)のトライアルレースとして時期が遅くなり、3着までに本番への優先出走権が与えられる。

 実績では京王杯2歳S勝ち馬で、朝日杯フューチュリティS3着のタワーオブロンドン(美浦・藤沢和雄厩舎、牡)が最上位。その朝日杯は、勝ったダノンプレミアムには引き離されたが、皐月賞で有力視されている2着のステルヴィオとはクビ差だった。ただ、これまでのレースぶりから1400メートルあたりがベストの印象があるだけに、マイル戦での最後の粘りがポイントになるだろう。

 インディチャンプ(栗東・音無秀孝厩舎、牡)は新馬(1400メートル)、500万下(1600メートル)と連勝後、1800メートルの毎日杯で3着に好走。上がり3ハロン最速の33秒6をマークして、性能の高さを証明している。もちろん、マイルでも何ひとつ不安はなく、今回も好勝負は十分可能だ。

 パクスアメリカーナ(栗東・中内田充正厩舎、牡)は初勝利に3戦を要したが、休み明けだった昇級初戦のこぶし賞も快勝。当時の1馬身1/2差の2着はその後ニュージーランドTで2着に入ったケイアイノーテックだけに、重賞で通用する下地はある。

 ラセット(栗東・庄野靖志厩舎、牡)も初勝利までに4戦かかったが、いきなり重賞のきさらぎ賞に挑戦して、前残りの展開をメンバー最速の上がりで3着に好走。今回も上位争いが期待できる。

 同じくレッドヴェイロン(栗東・石坂正厩舎、牡)も5戦目の前走でようやく初白星を挙げたが、逃げて5馬身差の圧勝だった。1800メートルとはいえ、今回と同じ阪神芝外回りだけに、舞台適性では上位とみていい。兄4頭が重賞勝ち馬で、姉レッドアヴァンセも先週のサンスポ杯阪神牝馬S2着と好走している。血統的にも期待は大きい。

 エアアルマス(栗東・池添学厩舎、牡)は左後肢跛行でシンザン記念を馬番確定前に取り消したが、その後の調整過程を見ていると、仕上がりに問題はなさそうだ。阪神芝外回り1600メートルの未勝利戦の勝ち方が圧巻で、好勝負を演じても不思議ではない。

 京王杯2歳S4着の実績があり、大崩れがないピースユニヴァース(美浦・尾形和幸厩舎、牡)、朝日杯FS5着のダノンスマッシュ(栗東・安田隆行厩舎、牡)も互角の力を秘めている。

 ホッカイドウ競馬から挑戦するリュウノユキナ(川島洋人厩舎、牡)は、JRAでもオープン特別のすずらん賞を勝ち、福島2歳Sで2着の実績がある。距離克服が大きな課題だが、主戦・五十嵐冬樹騎手とのコンビに戻ってレースぶりが興味深い。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ