ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

出版業界は歓迎「大きな前進」 海賊版サイトに政府が緊急対策

4/14(土) 1:09配信

産経新聞

 政府が13日に発表した海賊版サイトに対する緊急対策について、出版各社は歓迎の声を寄せた。

 出版業界9団体で構成される「出版広報センター」は同日、「出版界として歓迎する」とする声明を発表した。出版社側は長年にわたり海賊版対策を行ってきたものの、個別の出版社による対応では「限界があった」と指摘。「サイトブロッキングを含めた実効性のある法制度の整備につながることを強く希望する」と主張した。

 講談社は、刑事告訴や民事提訴も含め「今後も断固たる姿勢で臨む」とする声明を発表。海賊版サイトが莫大(ばくだい)な収益を上げる一方、出版業界が甚大な被害を受けている現状を訴え、「放置すれば、日本のコンテンツ産業を根底から破壊する」と危機感を募らせる。接続業者らにも協力を求める。

 集英社も「海賊版対策において大きな前進」と評価する声明を出した。

最終更新:4/14(土) 1:09
産経新聞