ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

広島高2刺殺逮捕 勤務先社長「裏切られた」、容疑者を解雇

4/14(土) 12:13配信

産経新聞

 鹿嶋学容疑者の逮捕から一夜明けた14日、勤務先の土木会社社長(39)が取材に応じ、13日付で容疑者を解雇したことを明らかにした。14年近く、無断欠勤などもなく真面目に勤務を続けていた半面、事件への関与をうかがわせるそぶりを一切見せなかっといい、社長は「信頼していた。許せないというか、裏切られたような気持ちだ」と話した。

 また社長は、鹿嶋容疑者が同僚の勤務態度に腹を立て、暴力を加えたのが4月3日だったと明らかにした。その際、鹿嶋容疑者は山口県警に指紋を採取され、後の逮捕につながった。鹿嶋容疑者は当時、社長に「迷惑をかけてすみません」と謝罪したという。

 山口県宇部市にある鹿嶋容疑者の自宅は、早朝から人の出入りはなく、静まりかえっていた。窓のカーテンは固く閉じられ、雨にもかかわらず、軒先に下げられた洗濯物が取り込まれることはなかった。近くに住む女性会社員(46)は「なぜ事件を起こしたのか、しっかり話してほしい」と語った。

最終更新:4/14(土) 12:13
産経新聞